2022年04月21日

住宅ローン審査には何が大事か


 

マイホームを購入する場合、多くの人はなるべく頭金を貯め、足りない分は住宅ローンに頼ることが一般的です。この、多くの人が利用する住宅ローン。もちろん誰でも借りることができるわけではありません。住宅ローンの主な貸主は金融機関です。金融機関の審査に合格した人だけが住宅ローンを借りることができるのです。今回は住宅ローン審査についてお話しします。

 

 

 

【誰もが借りられるわけではない】

 

金融機関にとって住宅ローンは魅力のある商品です。まず貸し倒れ、つまり返済されない可能性が低いものとなっています。ローンが返済されなければ、マイホームが競売されてしまうのです。住む家がなくなってしまうと路頭に迷います。そうならないために他の支出に優先して住宅ローンを返済してくれるからです。

とはいうものの、金融機関も誰にでも貸すわけにはいきません。住宅ローンを貸すには審査を行い、合格した人だけに貸すのです。多くの金融機関はこの審査基準を公にしていません。もし落ちたとしても原因がわからないのです。

それでもある程度推測することはできます。まずは年収や職業などの属性です。年収が低いほど支払い能力がないと判断されます。最近は金融機関同士の競争が激しいため、少し前では貸してもらえなかった年収でも貸してくれるようにはなっています。

もうひとつは他の借金の存在です。これはカードローンも含めてのことです。審査の前にはこうした別の借金がある場合には繰り上げしてでも返済しておきましょう。これらの他にも多くの審査項目があり、内容は多岐にわたるのです。

 

 

 

【まとめ】

 

金融機関が審査基準を教えてくれないからといって、まったく手がないわけではありません。それは不動産業者に聞くことです。不動産業者は住宅ローン審査に合格する人、不合格する人、当落線上ギリギリの人などをみています。

金融機関の次に審査基準を把握しているのは不動産業者と言ってもよいでしょう。

株式会社イエリスは数多くの物件を扱い、住宅ローン審査をそばでみています。このため、住宅ローンについては精通しているのです。住宅ローン審査で不安に思う場合には、株式会社イエリスにも相談してみましょう。物件とともに相談に乗ってくれます。

ページの先頭へ