2022年04月11日

不動産投資の典型的な失敗とは


 

不動産投資はギャンブルと違って、きちんと勉強し、手順を踏めばその成功率は高まっていきます。ですが、それでも失敗する場合もあるものです。誰しも失敗しようと思って不動産投資をすることはありません。ここでは不動産投資の典型的な失敗例を勉強していきましょう。

 

 

 

【典型的な不動産投資の失敗とは】

 

投資である以上、赤字になれば失敗とも言えます。ですが、一時的な赤字、単年度での収益の悪化は失敗とはいえません。収支とは波のように上下するもの。経済情勢のようなマクロ的なものから近隣に競合物件ができたなどのミクロ的な原因によって左右されます。こうした要因で赤字になるのは失敗ではありません。

また、予定通りに収支が伸びていかないのも失敗ではありません。その原因を突き止め、改善することもできます。不動産投資でいう失敗とは、投資期間中トータルでの赤字を指すのです。トータルでの赤字とは、物件の購入から運用、最後に物件の売却まで含めたすべての投資期間での収支が赤字になることを言います。たとえ一時的に赤字になった物件であっても、その物件の売却益で赤字が補填できるならばそれは失敗ではありません。

反対に運用は上手くいったとしても、物件の売却時に安く買いたたかれてしまうと失敗の可能性が高まるのです。不動産投資には数年で物件の入れ替えを行うスタイル、反対に長期的に物件を保有するスタイルなど投資家によって違いがあります。どちらのスタイルでも失敗の定義は変わりません。

 

 

 

【まとめ】

 

こうなると、物件のよしあしでその不動産投資の成功と失敗が変わってきます。不動産投資の成功には優良な物件が必須なのです。今やネット上には多くの投資物件が出回っています。この他にも公開されていない物件もあるもの。

優良な物件を探し、それを手に入れるには、収益物件に強い不動産業者とのつながりが必要です。その点、株式会社イエリスは投資物件の取引実績も豊富。都心部の高額物件からワンルームマンションまで多くの物件を扱っています。不動産投資で成功をつかもうと思ったら、株式会社イエリスにお声がけください。

ページの先頭へ