2022年05月16日

住宅ローン審査に落ちやすい物件もあるって本当?


 

住宅ローンの審査というと年収などによっては審査に落ちてしまう、というイメージがあります。ですが、それなりの収入があり、それなりの会社に勤務していても物件によっては審査に落ちてしまうこともあるのです。このような、住宅ローン審査に落ちやすい物件は確かにあります。しかもそれは不動産に詳しくない人では区別がつかないこともあるのです。今回はどんな物件が住宅ローン審査に落ちやすいか、考えていきます。

 

 

 

【どんな物件が住宅ローン審査に落ちやすい?】

 

収入が少ないのに高額物件を買おうとしている、収入に対してローンの返済割合が大きすぎる、といったことが原因で住宅ローン審査に落ちてしまうことはあります。ですが、物件によっては住宅ローン審査に落ちやすいものもあるのです。

例えば再建築不可物件。これは法律の規制などによって今建っている建物と同じ規模の建物が再建できない物件のことです。これはそもそも物件が違法建築の場合、適法だったのに増改築で違法状態となってしまったものなどがあります。また、市街化調整区域という規制の厳しい地域に特別な許可を得て建築されたけれど、その特別な事情がなくなったために再建が許可されないこともあるのです。

また、私道に面している物件も住宅ローン審査に落ちやすい物件となります。私道とは、国道や県道、市道といった国や地方公共団体が管理していない道路のこと。私道の中でも「位置指定道路」と呼ばれる指定を受けていない道路はその法的な地位が不安定です。最悪、道路が廃止される恐れもあります。

このため、金融機関はこれらの物件にはローンを貸してくれないこともあるのです。

 

 

 

【まとめ】

 

住宅地に普通に建っている建物でも住宅ローン審査に落ちやすい物件はあります。それを見抜くには不動産に関する知識が不可欠です。ただ、こうした知識を身につけるのは大変なこと。現在ではこうしたことは不動産業者が事前に調査することにはなっています。それでも知らずに審査を申請して、物件を理由に住宅ローン審査に落ちることは後を絶ちません。やはり、不動産の知識に加えて住宅ローンの知識にも精通した不動産業者が必要なのです。

株式会社イエリスは不動産の知識はもちろん、住宅ローンについても深い知識と豊富な経験を有しています。住宅ローンに強い株式会社イエリスに相談してみましょう。

ページの先頭へ